3月6日に目黒の雅叙園で開かれる「第7回BPMフォーラム2012」で登壇することになりました。BPM実践事例/ソリューショントラックの最後にあるセッション「これからの業務改革アプローチ:BPMは、こう取組む~実践事例に見る新・推進フレームワークの有効性~」で事例の紹介のプレゼンとそのあとのパネルディスカッションに参加します。

内容的には、岩田アキラさんのほうでBPM協会で作成したばかりの「BPM推進フレームワーク」の説明をしていただいて、私の方から事例ということで一昨年、昨年にわたって製造業を営むある中小企業で行った「業務見える化」プロジェクトの成果について発表します。実践した例が、結果的にこの推進フレームワークに準じたものになっていたいうトーンの話をします。

「BPM推進フレームワーク」は以前からありましたがその改訂版となります。このたびのポイントは、ニュースにもありますように、3つの輪のコンセプトにあります。すなわち、「プロセス改革推進」「プロセス開発」「プロセスオペレーション」の3つの輪が連動して動くことです。このことはずっとこのブログでも言い続けてきたことで、特にオペレーションの重要性を引き上げていることに特徴があると思っています。

要するに、従来のように開発に重きを置いたものから実際の業務運用のところにも重心を向けたことです。つまり、作ってナンボの世界から使ってナンボという世界へ移行させたところです。そうなると、必然的にユーザが主体となった取り組みとなり、先日も書いたように、BPMはIT活動ではなくビジネス・マネジメント活動であるという色合いが濃くなります。これがBPMがめざす本来の姿ではないでしょうか。

そんな考え方や姿勢が伝わればいいと思っています。ぜひ「BPMフォーラム」に足を向けてビジネスに貢献するためのアプローチとしてのBPMを感じていただきたいと思っています。私にご連絡いただければ参加費の割引が受けられますのでお申し出ください。
 

No TrackBacks

TrackBack URL: http://blog.wadit.jp/mt/mt-tb.cgi/27

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by Masanori Wada published on February 18, 2012 11:04 AM.

BPMの最新トレンド was the previous entry in this blog.

ICT経営パートナーズ協会 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Pages

Powered by Movable Type 4.34-en