岩田研究代表の岩田アキラさんが、米国のBPMコミュニティ誌「BPTrends」におけるポール・ハーモンとセリア・ウォルフの最新の投稿について記事を書いている。それによると、BPMもだいぶ変化を見せてきたようだ。

大きく5つのポイントをあげている。

1.BPMは"IT活動"ではなく"ビジネス・マネジメント活動"との認識が広まった
2.プロセス改革アプローチを強調するプロフェッショナルの堅実な需要
3.プロセス・モデリングの企業内浸透と組織パフォマンス向上の多様なテクニック論
4.BPMS市場の変化
5.BPMへの国際的な関心の高まり

詳しくは記事を読んでもらえればよいのですが、岩田さんも最初に"この変化傾向は、日本BPM協会メンバー間でも予見していた事項で、同レポートを読んで「やはり..海外でも..」といった感想である。"と言っているが、ぼくもこの協会メンバーの一員で岩田さんともしょっちゅう議論しているので確かに最近の論点によく似ている。

このたび日本BPM協会では「BPM推進フレームワーク」をリニューアルしたが、BPMは"IT活動"ではなく"ビジネス・マネジメント活動"という意識が強く働いている。従って、BPM推進には「プロセス改革推進」「プロセス開発」「プロセスオペレーション」の三位一体の取り組みが大事だと謳っている。

そして、それを担う人材として、ぼくはビジネスエンジニアと呼んでいるが、レポートにあるようなビジネス・アナリストとかビジネス・アーキテクトといった人材が望まれるようになったのである。システム・エンジニアとかITアーキテクトではなくあくまでビジネス視点を持った技術者である。

3に書いてあることは、1に呼応しているわけだが、以前はBPMというとBPMソフトウエアを使ってシステム開発を行うという意味合いが強く、従ってユーザ側も開発方法だからベンダーにまかせればいいやという感じでもあった。

しかし、プロセスを設計することは、ITシステムを設計することではなく、自分たちの業務を設計すること、しかも業務は戦略や改革要求を実現するものとして設計しなくてはいけないことに気がついて、そうなるとベンダーなんかにやらせるわけにはいかないとなってきていると思うのである。

やっと、ビジネス寄りでBPMを考える機運が海外で出てきたことをうれしく思っている。日本では、いくら国内で声をあげてもなかなか取り上げてくれないので、海外でのこうした声が早く日本に届いて理解が進むことを願ってやまない。
 

No TrackBacks

TrackBack URL: http://blog.wadit.jp/mt/mt-tb.cgi/26

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by Masanori Wada published on February 15, 2012 9:40 AM.

非定型業務のIT化 - 従来のやり方では限界 was the previous entry in this blog.

BPMフォーラムに登壇します is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Categories

Pages

Powered by Movable Type 4.34-en