前回、システム構造や開発にも「中庸」の考えかたが必要だということを書いた。そして、対立概念のバランスとか組み合わせが大事であるということを言った。その組み合わせという意味を少し考えてみようと思う。

世の中というものは「陰陽説」を持ち出すまでもなく、大小、長短、明暗といった類から、収縮・膨張、遠心力・求心力といったものまで様々な対立的な概念が存在する。ただ、そうした対立概念のどちらか一方しかないということはあり得なくて、どっちに軸足があるかといった差であると思う。また、場合によってその軸足を変えることもある。

ここでシステム構築のケースについてみてみるとトップダウンアプローチかボトムアップアプローチかという議論がある。具体的には「非定型業務のIT化」というエントリーでも言及しているのでそちらを読んでもらうとして、コンセプト的な話をここではする。

簡単に言うと、トップダウンというのは、上位の戦略からだんだんと分解・詳細化してシステムを開発するというやり方で、一方のボトムアップというのは、システム構造からそれに合うようにセットアップしていくやり方である。もちろんどちらがいいのかということではなく、その特徴をよく理解して使い分ける、あるいはそれらを組み合わせて最適化することが重要になってくる。

ここで少し話はとぶのですが、別のアプローチ法として問題解決型か仮説検証法かなんて議論もある。これも使い分けと組み合わせであることは言うまでもない。さて、トップダウンとボトムアップでは上記のものとどういう組み合わせになるのだろうか。

おそらくトップダウンは、問題解決型アプローチとの組み合わせになり、ボトムアップは、仮説検証型アプローチになると思うのである。トップダウンというのは、上位の戦略とか事業方針、ビジネスモデルというようなところで問題点や課題を抽出することを行う。つまり、そうしたビジネス要求を実現するための課題をどう解決していくのかという観点でシステム化を行うわけである。

それに対して、ボトムアップでは、業務プロセスをオペレーションするためにはどんな仕組みと仕掛けにしておくのかという見方をする。そして、そのコンセプトはある程度構造化できるので、その構造と機能を仮説として提示するわけである。そこに実際の要求事項を埋め込み、オペレーションの実行性を検証するのである。

どちらか一方だけでやりきれるかというと難しいというのはお分かりだと思います。トップダウンで分解・詳細化しても実際にオペレーションに供する仕組みと仕掛けは出てきません。また、ボトムアップで口を開けて待っていてもビジネス要求は出てきません。

ですから必然的に役に立つシステムを構築しようとするとトップダウンとボトムアップの組み合わせにならざるを得ないのである。トップダウンの下降点とボトムアップの上昇点を適当なところで出会わすことが大事になるのです。これを「ハイブリッド型アプローチ」と呼んでいる。
  

No TrackBacks

TrackBack URL: http://blog.wadit.jp/mt/mt-tb.cgi/29

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by Masanori Wada published on February 22, 2012 10:11 AM.

ICT経営パートナーズ協会 was the previous entry in this blog.

非定型業務のIT化 - 問題はHowではなくでWhatにある is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Pages

Powered by Movable Type 4.34-en