前回は、Whatすなわちプロセスの仕組みはオペレーションから発想すべきという提案をしました。このプロセスオペレーションというのはおおかたは非定型業務になります。定型の場合は自動化できるので人間によるオペレーションという範疇からは外れるからです。ITに任せてしまうようなプロセスではなく、人間が介在して扱うプロセスは非定型でそのオペレーションを適切に行うためにはどんな道具が必要であるのかという発想です。

このことは何回も繰り返しますが、システムは使ってナンボ、使われてナンボだからです。決して作ってナンボではありません。従来のシステム開発の発想が作るところが主眼になっていて、それがどう使われようとも、いやもっときつい言い方をすると使われなくてもかまわないとういうスタンスだったように思います。そこを逆転させる必要があるわけで、作ったものを使ってもらうではなく、使われるものしか作らないということになります。

こうした発想になると、ITシステムというよりオペレーションプラットフォームをどうするか、どんなものの上で業務を遂行するのかというアプローチになります。そうしたプラットフォームが持つべき要件にはいったいどんなものあるのでしょうか。こんなものがあったら、こんなことができたらいいなあというものです。次のように考えています。

①ビジネス活動(プロセス)の進捗がわかること
②意思決定(データ確定・判断)に必要な参照情報を得られること
③コミュニケーションをしながら意思決定が行えること
④プロセス全体と単位意思決定の責任者が明確になっていること
⑤パフォーマンスの状況がわかり対応アクションがとれること
⑥オペレーションの結果がアーカイブされて、次に生かされること

このことは、別にITシステムだからというわけではないのがお分かりだと思います。ITがなかった昔から行われていました。例えば、進捗管理は黒板や模造紙に書いて眺めていたり、電話や机の前の会話で意思疎通を図ってしたし、参照情報はキャビネットのファイルを拡げたり、新聞のスクラップブックを見たりしていました。責任者にしても、昔の方がちゃんとしていたかもしれないし、対応アクションも現場の課長が的確に指示し早かったかもしれない。記録も紙だったけど報告書を書いていた。

つまり、何を言いたいかと言うと、ITに関係なく業務プロセス、仕事を効率的にかつ質の高いものにできるなら、そこにITを入れていくという心構えが大切であるということです。何も、ITで今までと違う特別なことをするわけではなく、ITを使うことで早くできたり、多くの選択肢から選べたり、助言や指導が受けやすかったりできるようになるということなのです。

ただ、ここで忘れてはいけないのが、今までと違う特別なことをするわけではないと言いましたが、それはあくまでITのレベルの話なのであって、業務プロセスのところでは、従来と違ったものを設計していくことが大事であるということです。こんなことを言うと、インターネットや、最近のスマートフォンやiPADの登場で仕事のやり方が変わりじゃないかと突っ込まれそうですが、確かにビジネスモデルが変わって、プロセスの変更もあると思いますが、あくまでHow toのところの話が主なような気がします。

結局大事なのは、ビジネスに貢献するための業務プロセスの仕組みと仕掛けの設計のところで、ここが肝だということなのです。それをはき違えるとやれクラウドだiPADだとか、ビックデータだとかが出てくると右往左往してしまうのです。そうしたデバイスやテクノロジーを有効に使えるようなプロセス設計ができていないといくらハイテクを入れても猫に小判システムができるだけで意味がないと言いたいのです。
 

No TrackBacks

TrackBack URL: http://blog.wadit.jp/mt/mt-tb.cgi/36

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by Masanori Wada published on March 19, 2012 11:37 AM.

非定型業務のIT化 - Whatはオペレーションから発想する was the previous entry in this blog.

非定型業務のIT化 - 業務プロセスの骨格 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Pages

Powered by Movable Type 4.34-en