前回は、業務プロセス設計が肝であるという話をしました。普通はVモデルのような開発工程があります。要求分析-基本設計-機能設計-詳細設計があってコーディングをして、そのあとそれぞれのレベルに対応した単体テスト-総合テスト-システムテスト-受け入れテストというわけです。では、業務プロセス設計というのは、どこに相当するのでしょうか。

どうも、このモデルとはマッチしませんね。それもそのはずです。コードを書かないからです。Vモデルは谷の底がコーディングです。つまり、コードを書くために一連の設計があってテストがあるわけで、そのコーディングがないのだから適用できないのです。そもそも、Vモデルはソフトウエア製品の開発に対してのものであって、それを業務システム開発に当てはめるのが間違っています。

というわけで、非定型業務で業務プロセスの設計がちゃんとできたらすぐに受け入れテストして運用ができるのです。なぜそんなことができるのかを考えていきましょう。というか、もしプログラマーがいなくて、あるいはお金がなくて開発費用が出せないといった制約の中で業務システムを作ろうとしたらあなただったらどうしますか。あきらめますか?

ユーザの人たちはどんなプロセスで仕事をしたい、業務を回したいという要求を出してくれたわけだから、その通りに動くものをつくればよいと思ってください。そこから余計な機能を引っ張り出すことも、凝った作りにすることも必要ありません。そして、何も全部ITでやれなくてもいいわけで、できなかったら人間がやればいいかもしれない。

ここのところが非常に重要なところで、業務システムの構築(ソフトウエアとかいT製品ではありませんよ。間違わないように)は、けっしてITシステムを構築しなければいけないなんて誰も言っていないということです。SIerやITコンサルのひとたちが言っているだけでしょ。つまり、プロセス設計で定義したことを実現できるものをどこからか探してきて組みあげればよいのです。

もちろん、それだけではできない場合があります。例えばシステム間の連携なんてひょっとしたらコードを書かなければいけないケースもあると思います。だが、それは仕方なしにそうするのであって、最初からコードを書くために設計してはいけません。データ連携にしても近頃はコードレスでマッパーで設定さえすればできるものも出てきています。

そうなんですね。いまここで言っていることは昔はなかなか難しかったのは確かですが、最近はいいソフトウエア部品がいっぱいあります。ですから、プロセス設計で定義し機能に合致した、あるいは機能は落ちるけど何とかできそうだという市販の汎用的なソフトウエアを選択してきて、それらを組み合わせて構築することを勧めているのです。
  

No TrackBacks

TrackBack URL: http://blog.wadit.jp/mt/mt-tb.cgi/46

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by Masanori Wada published on April 30, 2012 12:22 PM.

非定型業務のIT化 - 業務プロセス設計が肝 was the previous entry in this blog.

非定型業務のIT化 - ITを考えないで業務オペレーションを描いてみる is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Pages

Powered by Movable Type 4.34-en