昨日のソフトバンクの「ビジネス+IT」に先月の「BPMフォーラム」のセッションで発表した事例についての記事が掲載されました。「ある油圧機器メーカー社長が掲げた「特注品で売上を伸ばす」を実現したBPMの取り組み」と題した内容で日本BPM協会の岩田アキラさんの「BPM推進フレームワーク」の紹介に続いて、ぼくが一昨年と昨年に参加した「業務見える化」プロジェクトの成果を発表したことについて書かれています。

1カ月以上も前なので今ごろかとか、記事のジャンルがコスト削減だったといったツッコミはあるにしても、こうして記事にしてくれたことは単純にうれしい。フォーラムでの話は「BPM推進フレームワーク」に準じて実行したら成功しましたという流れですが、実際には同時進行といった方があっていて、つまり、実際のプロジェクトをやりながら、一方ではフレームワークの作成も行っていた。

まあ、結果的には推進フレームワークに則ったやり方だった、あるいは実際にやって効果を出したことをフレームワークに反映させたということになります。これはぼくが両方にかかわっていたからこそとちょっぴり自負しています。 今ではBPM協会の「BPM入門セミナー」でも紹介されています。具体的な事例があるのとないのとは雲泥の差があります。掛け声だけでは説得力がないのでこうした事例を交えた進言が意味があるのです。

事例があるというのは、ただやってみましたということではなく、きっちりと成果を出さなくては意味がありません。記事に出ている会社ではすぐに成果が定量的にもでてきたという成功例です。それが、単に業務プロセスを見える化したからだけではなく、経営者のリーダシップ、進取の精神に富んだ企業風土の醸成、情報共有・コミュニケーションの活性化、技術・ノウハウの継承、人材育成など多くの要因によって達成されています。

ですから、コストダウンという即物的なジャンルで括られても困るのですが、非常に参考になる取り組みです。日本の中小企業が強くなるヒントが詰まっているように思います。(大企業にも当てはまると思いますが、組織の壁と決定のスピード感のなさ、リスクテイクできない体質という問題が横たわっていてすぐの実行は難しい)現在も続いていますので、また新たな成果が出たら紹介していこうと思います。
  

No TrackBacks

TrackBack URL: http://blog.wadit.jp/mt/mt-tb.cgi/43

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by Masanori Wada published on April 13, 2012 11:33 AM.

もしSIerのエンジニアがジョブズのスピーチを聞いたら(4) was the previous entry in this blog.

非定型業務のIT化 - Howを考える is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Pages

Powered by Movable Type 4.34-en