ぼくは最近、昼メシを自分で料理することにしている。同じ敷地にある家に住んでいたぼくの母親が老人ホームに入ったので台所が使えるようになったからである。以前から昼メシは自分で何とかしてくれとヨメさんに言われているので外食していたのだが、自分で作ることにした。

なぜこんなことを書くかというと、別に他人が書いたレシピでも作れるということを言いたかったのだ。実際によく利用するのはクックパッドなのだが、そこから自分の好きな料理、あるいは手持ちの材料をどう使ったらいいのかなどの情報を得る。そして、適当なレシピを印刷して脇に置きながら作るのである。自分で言うのも何なのだが、まあまあのものができあがる。

さて、ここで問題を整理してみよう。仕様を書くのがレシピでプログラミングが調理だという話になっている。料理ではレシピを見ながら料理だってできるし、フェラン・アドリアのようにレシピは作るが調理をしないというやりかたもある。ただ、業務システムが料理なのかというとどうも違うように思えるのだ。

多くの人が混同するのだが、ITという括りであたかも同じように語られるのが、業務システムの開発とソフトウエアの開発である。営業システムとか生産システムといったものが業務システムで、MSのオフィス製品だとか、DBMSだとか、パッケージのようなものがソフトウエアとすると、それぞれを開発するやり方は違うと思いませんか。

ということで、前回の議論で言っている上流・下流分断論とか、料理をしないでレシピだけ書いている料理人はプログラムもできないのに仕様書を書いているエンジニアと同じ論にしても、何のためのプログラムを書いている時の話なのだろうか。業務システムなのかソフトウエアなのかである。

ソフトウエアを作るときのことであれば言わんとすることはわかる。なぜならプログラムを書くからである。しかしながら、もしそうであったらフェラン・アドリアのように分断されてもいいと思うし、ましておやジョブズのようにコードを書くわけではないがある意味立派な仕様書を書いているに等しい。つまり、プログラム仕様書なんてさして重要ではないのだ。コードをどう書くかではなく、どんな商品にしてどんな使われ方に対応できるかといったユーザ目線でのスペックが重要だからである。

そもそも、プログラム仕様書を書くのが上流でコードを書くのが下流というのもおかしいと言えばおかしい。本当の上流というのはもうちょっと上のレベルでどんなものをつくるのか、何ができるのか、こんな風に使ってほしいといったことをデザインすることだと思う。そこでデザインされたものを作りだすためのプログラム仕様書作成からプログラミングはプログラマーの仕事にしたらよい。だから、分断される箇所を変える必要があり、そうすることでプログラマーの地位も向上するのではないでしょうか。

では、業務システムのほうはどうなってしまうのだろうか。

No TrackBacks

TrackBack URL: http://blog.wadit.jp/mt/mt-tb.cgi/40

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by Masanori Wada published on April 4, 2012 10:15 AM.

もしSIerのエンジニアがジョブズのスピーチを聞いたら(1) was the previous entry in this blog.

もしSIerのエンジニアがジョブズのスピーチを聞いたら(3) is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Pages

Powered by Movable Type 4.34-en