上流・下流の分断の話が、ソフトウエアの開発と業務システムの構築の混同により、議論がちぐはぐになっていることを指摘した。つまり、業務システムを作る商売をしているSIerがソフトウエアを作ることと勘違いして、相変わらず業務システムのためにプロジェクトごとにコードを書いていること、ソフトウエアのようなプロダクトアウトの発想であること、また顧客ニーズをわかっていないことのために起こっている問題なのであって、まずはそこの勘違いを正すことではないでしょうか。

そもそも業務システム"開発"というところで間違っているのである。業務システムは開発するものではありません。ITが無くても業務システムは厳然として存在するわけです。もちろんIT化プロジェクトで新たに業務システムを開発することもありますが、それはIT化とは別の問題です。ですから、開発された業務システムを効率的に、円滑に動かす仕組みを"構築"するというのが正しいのではないでしょうか。

要するに、ITは何かという根源的な問いに対する答えがこんなところにもあるように思います。これは、何も業務システムやビジネス向けに限ったことではなく、ソフトウエアやコンシューマ向けアプリにも当てはまるはずです。さて、ここでスティーブ・ジョブズにご登場願おう。

僕にとってのコンピュータは、人間が考えついた最も素晴らしい道具なんだ。それは知性にとっての自転車に相当するものだ。                                                       
                                -Steven Paul Jobs-

ジョブズが言っている言葉の中でキーになるのは、「道具」ということと「自転車」ということだと思う。強調したいのは単に人間がやっていることを代行するものとしてではなく道具としてのITであるということ、自動車ではなく自転車であるということなのである。あくまでITの使い手として人間がいるということであり、自動車では人が乗せられてしまう、使われてしまうイメージなのではないでしょうか。知性の自動車ってあり得るのでしょうか。

さて、この言葉もう一度かみしめてみるとおもしろい。自転車を作る人と自転車に乗る人を考える。みなさんもうお分かりだと思いますが、自転車をつくる人、つまり機能や構造をデザインしてそれを製作する人がソフトウエアエンジニアでありプログラマーです。その自転車に乗ってどんなライフスタイルを実行するのか、どんな仕事をするのかをデザインしてスタイルを確立するのがユーザ自身であり、それをサポートするSIエンジニアでありビジネスエンジニアです。

さて、SIerにいるエンジニアのみなさん、あなたはどちらのエンジニアをめざしますか?と言ったところで、こうしたキャリアパスがないので無理なことを言うなという声が聞こえてきそうです。ですから早急に作ってもらいたいと思いますが、そのためのビジネスモデルの変革や制度設計ができていないのが大問題ですね。

どうしたらよいかは、地道だがユーザの声を徐々に反映し、大きな流れにしていくということだと思う。これだけビジネス環境の急激な変化やグローバル化の嵐にさらされている企業はすでに声をあげ始めています。もちろん大前提は、供給側が顧客ニーズを吸い上げた本当にビジネスに貢献する、日常の仕事に役に立つ業務システムを少しづつでいいから提供し続けて、それができるエンジニアを増やすといった対応を行っていくことなのだろう。

だから、大事なのは問題解決型にしろ、仮説検証型にしろ、問題と仮説の設定がすべてといっても過言ではない。そこを間違わないようにしよう。従来の延長で考えるのをやめよう。実は、問題や仮説はそのときの置かれている環境に大きく左右される。時代はものすごいスピードで変化している。そういう意味ではWebの世界に較べて業務システムのエリアの硬直化は目を覆うばかりだ。若い人がなぜそれに気づかないのだろうか。そこに日本のITの未来はある。
  

No TrackBacks

TrackBack URL: http://blog.wadit.jp/mt/mt-tb.cgi/42

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by Masanori Wada published on April 9, 2012 11:05 AM.

もしSIerのエンジニアがジョブズのスピーチを聞いたら(3) was the previous entry in this blog.

コンサルティングの成果が紹介されました is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Pages

Powered by Movable Type 4.34-en