これまで、プロセスの構造や機能をどんなもににするのか、それをどう設計するのかということを議論してきました。これからは設計されたプロセスをどうやって実装するのかという話になります。ここでもすごく重要なのはオペレーション発想です。オペレーションからの発想で構造を考え、それらがうまく機能するような設計をしたわけですが、それを実際に動かすプラットフォームに植えつけることをしていきます。

ここで、設計したものからプログラム仕様書に落としてコーディングするなんて考えないでくださいよ。もちろんそうやってもできますが、労多くして報い少なしです。設計のところでも見ていただけると分かると思いますが、特殊なこと、難しいことをやっているわけではありません。最初にオペレーション発想と言いましたのでもう一度「オペレーションとはいったい何をすることなのか?」をみていきましょう。何度もでてきたものです。

①ビジネス活動(プロセス)の進捗がわかること
②意思決定(データ確定・判断)に必要な参照情報を得られること
③コミュニケーションをしながら意思決定が行えること
④プロセス全体と単位意思決定の責任者が明確になっていること
⑤パフォーマンスの状況がわかり対応アクションがとれること
⑥オペレーションの結果がアーカイブされて、次に生かされること

簡単に言えば、これが実現できる仕組みと仕掛けをもったプラットフォームを持ってくればいいのです。ところが、こうした条件をすべて満たしてくれるものはないのです。じゃあ、やはりコーディングするかとは考えないでくださいよ。既成のソフトウエアを使ってできるだけ近づけるようにすべきです。

個々にはありそうですよね。例えば、①のプロセス進捗だとガントチャートなんかかもしれません。②では、検索やポップアップとかハイパーリンクですかねえ。③では掲示板やコメント、メールですね。④はアクセス権とかワークフロー、⑤はアラート、⑥はBIのようなものかもしれません。ですから、既存のソフトウエアそのものあるいはその中のひとつの機能といったものにあるわけです。

ほとんどを持っているのがBPMS(Business Process Management Suite)です。ただ、それなりの価格ですので、コストパフォーマンスを考えたときに採用できる企業は限られてくるかもしれません。では、お金をあまりかけられない、あるいは効果がわからないのでスモールスタートしたいなんていう場合はどうしたらいいのでしょうか。

BPMS以外の安価な市販ソフトを利用することになります。場合によっては組み合わせて使うことをします。安価になるということは基本的には機能不足になるわけで、そこは人力で補足することになります。自分たちの身の丈にあったコストパフォーマンスを選択することを勧めます。

さて、具体的にどんなプラットフォームがあるのでしょうか。それを見るとき、プロセスの構造を思い出してください。2段プロセスです。プロセスの進捗をみるマクロフローと単位意思決定を行うミクロフローの組み合わせになります。簡単に言うとそれぞれを何でやるかになります。それらの組み合わせ例(マクロフロー+ミクロフロー)をご紹介します。

Case-A  BPMS(メインプロセス)+BPMS(サブプロセス)
Case-B  BPMS+コミュニケーションツール(CMS、wiki、BTSなど)
Case-C  手書きあるいは進捗管理ツール+Webデータベース(デヂエ、Salesforceなど)

Case-Bのコミュニケーションツールは例えばPlone とかMTといったCMSではWebサイトの編集作業をそこで行うが、リンク情報を参照したり、承認ワークフローがあり、コメントも書き込めるので意思決定の場として使えます。その決定結果をBPMSに渡し、BPMSでプロセスを進めるといった動きになります。

Case-Cはプロセスエンジンを持たないケースです。ですからそこは人間が回すことになります。こんなことを言うとプロセスエンジンを使って自動化しないと意味がないという指摘をされそうですが、プロセスエンジンの重要性はそれほどないというのが現実です。この話はまた別途します。意思決定というのは最終的には決定された情報を登録しまうから、データベースソフトを利用します。例えば、サイボウズデヂエ(最近はKintone)のようなものが使用可能です。

少し飛躍するかもしれませんが、ARISとSAPの組み合わせでプロセス管理をする事例がありますが、この考え方も基本的には同じです。つまり、ARISでプロセス記述をしておき、そこの進捗に従って、SAPの機能と連動させるものです。

さて。この次からは具体的な実装の話になるわけですが、上記のプラットフォームのうち、サイボウズ社が昨年からデヂエの後継として売り出しているクラウド型のWebデータベース「Kintone」を使った実装についてシリーズを改めてエントリーすることにします。
  

No TrackBacks

TrackBack URL: http://blog.wadit.jp/mt/mt-tb.cgi/48

Leave a comment