■    kintoneを使ったアプリ作成手順(5)

さて、一般設定からフォーム設定そして一覧の追加の手順を示しましたが、最近、kintoneのバージョナップがあって、追加機能も含めてわかりやすく説明してくれていますので、そちらを参照してください。ここでは、プロセス設計で作成した「プロセス要素表」とkintoneのパーツのマッチングについてです。下表の対応表を見ていただければわかると思いますが、全くマッチングするというわけにはいきませんが、なんとか表現できます。
マッチング.png
いちいち説明するのは省くとして、特徴的なところを説明します。それは「グループ」というパーツの使い方です。前々回のパーツの説明ではグループを「フィールドをグループ化して、グループ内のフィールドの表示/非表示を切り替えられるようにするパーツ」ということでした。

このパーツのおかげで、マクロプロセスフローが表現できて、まさに意思決定の連鎖がわかりやすい形で実現できるようになりました。結局プロセス管理というのは案件単位でその案件がどういう経過を辿って終わらせたかを制御し管理するわけですから、それが一覧的に見えるのがうれしいですね。

しかしながら、問題があります。それは、オペレーションのコンソールとして適当かという問題です。ということでオペレーションのやり方をみていきましょう。基本はアクティビティを順番に処理して行くことになります。具体的には、フィールドグループにある入力フィールドにデータを登録して行くことです。データ入力は編集モードで行い、必要なデータ入力が終わると保存し、設定完了とします。これを繰り返して、全部の入力が終わるとそのプロセス(案件)は完了します。またプロセスの進捗は、進捗一覧表で監視、管理し、案件処理の結果は、グラフ等を参照して分析します。

お気づきかと思いますが、ちょっと違和感がありますよね。基本的には、一回で全部のデータを登録するようになっています。大方の業務アプリはこうなっています。実は、kintoneには「プロセス管理」という機能があって、そういう意味では一括入力というより、ワークフローになっていますが、データの登録ステータスを進めていく機能なのですが、意思決定系のプロセスだと行ったり来たりする柔軟性が必要となるので、あまり使えません。ただ、新バージョンではAPIが充実しましたのでこのあたりも工夫できるかもしれません。

まあ、機能を説明してもなかなかわからないと思いますので、ここで開発編を終わらせて、次回からは実際に業務アプリを作っていくという「アプリ作成」編に移ろうと思います。

No TrackBacks

TrackBack URL: http://blog.wadit.jp/mt/mt-tb.cgi/99

Leave a comment