■    標準品見積提示プロセス(実装その1)

前回「プロセス要素表」を書きましたが、それをそのまま実装していきます。実装はサイボウズ社の「kintone」を使います。最初に基本的な約束ごとと前提条件を言っておきます。「プロセス管理表」に記述した「標準品見積提示プロセス」を全部同じアプリに実装していきます。ただし、参照情報や業務ルールで使うデータベースなど別アプリにしておきます。例えば、顧客台帳だとか業務ルール集といったものは他のデータベースに持ちます。

こうしたデータベースは、連携のしやすさから「kintone」上にもつことをおすすめします。Excelだとか他のDBソフトなどで持っている場合ありますが、移行したほうが便利です。「プロセス要素表」の左端にあるアクテイビティはその単位でフィールドグループとしてまとめておきます。そのフィールドグループの中に、確定データや付帯情報、参照情報、業務ルールなどを設定していくことになります。

一覧表は、基本的にはプロセス全体の進捗がわかるものと案件ごとの内容がわかるものと2種類を用意するのがよいと思います。その結果をグラフ化してどう見るかといったところまでは含めません。また、組織/ユーザ登録やセキュリティの設定などは、cybozu.comの共通管理であらかじめ行ってあるという前提にしておきます。

それでは、「プロセス要素表」を横において、「kintone」ログイン画面からID、PWを入力して入ります。そしてポータル画面を開きます。アプリを作成するから"はじめから作成" というボタンを押します。アプリ名を「標準品見積提示プロセス」とします。一般設定は、アイコン、デザインテーマ、アプリグループ、アプリの説明がありますが、適当に選択し、記述します。

続いて、フォームの設定になります。左側にパーツが配置され、右側は白紙のキャンバスが現れます。最初のアクティビティは「見積依頼受付」です。従って、"グループ"というパーツをドラッグアンドドロップして先頭に置きます。歯車印をクリックして設定画面を開き、フィール名を「見積依頼受付」と入力して保存します。

このグループの中にプロセス要素表に書いた各要素を入れていきます。まずは確定データである依頼日、案件No、依頼会社名、案件名、依頼内容、担当営業名を当てはめます。依頼日は、"日付"、依頼会社名、案件名、担当営業名は"文字列"(1行)、依頼内容は長くなりますので"文字列(複数行)というパーツを選択します。案件Noについては、自動付番で構わなければ"レコード番号"というパーツにすると自動的に番号をふってくれます。

次いで付帯登録情報である依頼会社住所、提出期限についても同様に、"文字列"(1行)と"日付"パーツを使います。ただ、依頼会社住所については、既存顧客のような場合都度入力するのではなく、顧客リストとか顧客台帳といったところ(同じkintoenのアプリとして作成しておく)に情報を持っておけば、そこから取得できいちいち入力することがなくなります。それには、"ルックアップ"というパーツを使います。その設定画面で関連付けるアプリを顧客リストとして、コピー元のフィールドを会社名とします。次に顧客リストのフィールドと作成するフィールドの対応付けを行います。こうしておくと、案件登録時に会社名を入力して取得というボタンを押すと、郵便番号、住所、電話番号が自動的に入力されます。

そして、参照情報にある地図については、JavaScriptAPIを使って、Googleマップと連動させます。これはまた後で説明します。最後にこのアクティビティ(フィールドグループ)の登録のステータスを表示するフィールドを置きます。"ドロップダウン"パーツで、プロセス要素表で定義したステータス表示の受付中と受付完了を設定しておきます。なお、ステータス表示は各フィールドグループごとに配置してもよいのですが、折りたたんだ時に見えなくなるため一覧性が損なわれるので外出しすることにします。これもまた後で説明します。結局、「見積依頼受付」は次のようなフォームとなります。

依頼受付.JPG

No TrackBacks

TrackBack URL: http://blog.wadit.jp/mt/mt-tb.cgi/103

Leave a comment