標準品見積提示プロセス(実装その5)

前回は、その他の設定でカテゴリーを取り上げました。つぎに通知の設定とアクセス権の設定を行っていきます。前提として、ここでは説明しませんが、cybozu.comで組織/ユーザーの設定が終わっているものとします。すなわち、kintoneの対象となっているアプリに参加する組織と人が登録されているという前提になります。

通知というのは、何かのアクションをきっかけに通知をするというもので、その条件としては、レコード追加、レコード編集、コメント書き込み、ステータスの更新、ファイル読み込みがあります。誰が何をした時誰に通知するかを設定することになります。通知はメールが飛んで行きますし、アプリのポータルでもわかります。下記のような設定になります。

通知.bmp

また、リマインダーという設定があります。これは、ある条件(通知のタイミング)になったらお知らせというかアラートを発するのですが、これが、実はパフォーマンス管理に使うことができます。つまりあるフィールド項目に条件を与えて、通知内容を設定するとそれを通知してくれます。ここでの例でいうと、見積提出期限の5日前になったら"見積作成急いでください!"という通知を担当者に送るわけです。

使い方としては期日管理が多いかもしれませんが、例えば、金額とか数量がある限度を超えたら注意をうながすということもできます。この機能を使ってパフォーマンス管理を行うようにします。リマンダーの設定は下記のようになります。
   
リマインダー.bmp

つぎは、アクセス権の設定になります。アクセス権がかけられるのは、「アプリ」「レコード」「フィールド」ごとにできます。それぞれの許可されるものが違っていて、アプリでは、レコード閲覧、レコード追加、レコード編集、レコード削除、アプリ管理、ファイル読み込み、ファイル書き出しで、レコードでは閲覧、編集、削除で、フィールドになると閲覧、編集となっています。このアクセス権によって担当者はだれなのか、責任者はだれなのかがわかるようになりますし、承認などのボタン(フィールド)は権限を持った役職者しか編集できないようにします。

さらに最近各種APIが提供されるようになってきました。その中で、「アプリのJavaScriptカスタマイズ」を行ってみましょう。その設定は、アプリの管理画面にある詳細設定を開きます。そこに「JavaScriptによるカスタマイズ」という項目がありますので、そこをクリックするとJavaScriptファイルをアップロードする画面になりますので、適用するファイルを参照ボタンから選択します。

JavaScriptファイルはもちろん自分で書くことができますが、下記のようなサンプルが用意されています。
レコード一覧でステータスに応じて書式を設定する
住所から地図を表示する
To Do をガントチャートで表示する
自動採番して、レコード登録する
経過年数を表示する
ここでは、最初の2つを実装してみます。サンプルコードの項目名を変更して適当な名前を付けておきます。「進捗一覧表」のアクティビティのステータスに応じて色が変わるようにします。そのアクティビティが完了すると文字が緑色になるように設定しました。また、住所からGoogleMapが表示できますので、例えば、依頼会社の住所とか納入先住所などを入力すると自動的にその地図が表示されるようにしました。

以上で、「標準品見積提示プロセス」の実装フェーズの説明は終わります。普通はこれで終わってしまうのですが、次回からはオペレーションについてエントリーしていきます。作っておわりではなく、使ってみてまた改善してというサイクルを回すのがゴールですので大事なところになります。
  

No TrackBacks

TrackBack URL: http://blog.wadit.jp/mt/mt-tb.cgi/107

Leave a comment