5つの誤解のあとは、7つの作法になります。いよいよシステム構築のHowの領域に入っていきます。その7つの作法というのが下記のとおりです。

(1) プロセス名を決め、始点と終点を決める
(2) プロセス構成に従って中間アクティビティを記述する
(3) 主要なアクティビティである意思決定では確定すべきデータあるいは判断項目を定義する
(4) 作業プロセスがある場合はそれをサブプロセスとして記述する
(5) プロセス構成モデルからケース分割とタスク分解を検討する
(6) プロセス要素表を作成する
(7) 実装する

ここで"作法"と言っているのは、厳格な技法でその通りにやらなくてはいけないというものではないことを意味しています。だいたいのやり方があって、人によって違っても構わないということでもある。ただ、勝手にやっていいかというわけではなく、最低限の決まりは守ってよねというものです。

では、最初の「プロセス名を決め、始点と終点を決める」です。プロセスというのは必ず始まりと終わりがあります。その時何を持って始まって、どうなったら終わるのかは決めておいたほうだがいいですよね。というか、それがないと業務という意味がなくなってしまいます。目的がないことをやるのは組織では許されませんから、きちんと始点と終点を決めないといけません。しかも、始点と終点は密接に関係していて始点が決まれば必然的に終点が決まるし、その反対もあるということです。

では、始点と終点はどちらを先に決めたらよいのでしょうか。これはプロセスの性格によって違ってきます。ざっくりと言うと顧客接点プロセスか、内部プロセスで決め方が変わります。顧客接点では始点を先に決めていきます。お客さんの要求が起点になるからです。

一方、内部プロセスでは逆に終点から決めていきます。内部プロセスというのは、企業としての事情で起こされたプロセスを指していて、例えば、決算で売上の集計が欲しいといったような場合は、初めにアウトプットがあってそのためにどういうインプットがいるのかという流れになるからです。

始点と終点が決まると自ずとプロセス名も決まってきます。この時気を付けなくてはいけないのが、プロセスの具体的な動きがわからないような曖昧な名前にしないことです。よくつけられる名前に〇〇管理プロセスというのがありますが、こういった名前は避けましょう。単に「見積管理プロセス」なんてつけないで「標準品見積提示プロセス」というふうにします。
  

No TrackBacks

TrackBack URL: http://blog.wadit.jp/mt/mt-tb.cgi/144

Leave a comment