7つの作法の4つ目は「作業プロセスがある場合はそれをサブプロセスとして記述する」です。毎回言っていますが、プロセスの基本構成は、「依頼受付」「要求仕様確定」「意思決定」「作業」「報告・登録」ですが、その作業プロセスのことになります。作業プロセスは前回例に出した見積提示プロセスのようなものだとほとんど作業らしきものがない場合もあります。

一方で主として作業プロセスからなる場合もあります。例えば製造プロセスのようにもうやるべきことが決まっていて、依頼がきたら手順に従って実行するといった場合です。要求仕様は逆に決まったものを受け付けるから与件としてあるし、段取りにあたる意思決定も既定のものとして扱うからです。ですから、プロセスの性格が意思決定が大事なのか作業が主たるプロセスかで多少構成が変わってくることもあります。

作業プロセスの基本構成は、「作業依頼受付」「作業項目確定」「期日決定」「担当者割当」「作業結果報告」というものになります。意思決定に基づき作業すべき内容がこの作業プロセスに受け渡されます。それを受けた作業プロセスでは、作業内容に従って、作業項目(タスク)にブレークダウンし、タスクごとに期日と担当者を決めて、作業の結果を集約することを行います。

意思決定プロセス→作業プロセス→タスク管理というようにつながって行くわけですが、キーとなる作業名、作業内容、期日はちゃんと継承されていきます。こうして実行された作業結果はデータ、報告書などの帳票、制作物などとして大元の意思決定プロセに戻されます。

さて次に5つ目の作法である「プロセス構成モデルからケース分割とタスク分解を検討する」になります。これはわかりにくいかもしれませんが、作業プロセスがいくつかのケースに分割されることがあるのでそれを見ていきましょうということです。作業プロセスに受け渡す作業内容が複数の作業プロセスになる場合です。

例をあげると、新規顧客獲得プロセスというものを考えてください。いつまでに何人を見込顧客として獲得しなくてはいけないのでキャンペーンを行うというようなプロセスの場合です。例えば、展示会たけのキャンペーンでいいなら1つの作業プロセスで済みますが、他にもDMだとか訪問だとかといったものも実施するとなると作業プロセスが複数になる場合です。こうした時にはケース分割とタスク分解を行います。
  

No TrackBacks

TrackBack URL: http://blog.wadit.jp/mt/mt-tb.cgi/148

Leave a comment