今回は(8)の「プロセス要素表を作成する」になります。実装に近いプロセス設計です。前回、プロセスを構成するアクティビティのモデルは「依頼受付」「要求仕様確定」「意思決定」「作業」「報告・登録」というふうに定義しました。ここでは、作業プロセスがない単純な意思決定プロセスを例にとって見ていきます。

プロセスを設計するときに大事なことは、オペレーションから発想することです。どういうオペレーションをすれば戦略の実行が可能か、ひいてはビジネスに貢献できるのかという観点です。これがちょっと大げさなら、こんなことができれば自信をもってマネジメントができるというものは何かということです。

オペレーションプラットフォームの要件は次のようなことになります。
ビジネスの進捗がわかること
意思決定(データの確定・判断)に必要な参照情報を得られること
コミュニケーションをしながら意思決定が行えること
プロセス全体と単位意思決定の責任者が明確になっていること
パフォーマンスの状況がわかり対応アクションがとれること
オペレーションの結果がアーカイブされて、次に生かされること

こうした要件を導き出した背景には、ハーバート・サイモンの「意思決定論」があります。少々長くなるが引用します。

■限定合理性と満足化原理に基づく意思決定
人間が完全に合理的な存在であるなら、あらゆる代替案のなかから、一定の評価基準に照らして最も有利な選択を行うという最適化原理に基づく意思決定ができる。しかし、合理性に限界(限定合理性)があるゆえに、人間は満足化原理に基づく意思決定をせざるを得ない

■意思決定プロセス
情報活動(情報収集 )➝設計活動(代替案の探索・評価 )➝選択活動(代替案の選択)➝ 検討活動(代替案の実施 ・フィードバック)

 ■組織目的の階層化と組織の意思決定
人間 は、限界合理性ゆえに、大きな問題に一挙に対処することはできず、複雑な問題の解決にあたる場合、問題を分解して組織の目的の階層化を行う。意思決定の複合体系としての組織は、その組織目的の階層化に併せて組織の意思決定も階層化して、人間の合理性の限界を克服しつつ、組織目的の合理的達成を追求する。

簡単に言うと意思決定を自動化してロジカルに意思決定できないので、意思決定プロセスを通じてより合理的な決定をくだすしかない。また、ひとりで全部意思決定できなから組織を作って分担させなくてはいけないということです。プロセス構成要素の各アクティビティは広義の意味で単位意思決定ですから、サイモンの理論を適用することができます。

オペレーションプラットフォームの要件がこの考え方に沿っていることがお分かりになったでしょうか。次回に具体的な「プロセス要素表」の要素と書き方を説明します。
  

No TrackBacks

TrackBack URL: http://blog.wadit.jp/mt/mt-tb.cgi/149

Leave a comment